スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スムース家族
2009年01月29日 (木) | 編集 |
smooth5.jpg

今から23年前の1986年に、我が家に初めてスムースヘアードのダックスが来舎しました。
その子は、日本初のイギリスチャンピオンスムースの、ワイモウェイ ミッキーフィンの直子で、胸の厚みの深い素晴らしい子でした。

その頃、私の家にはロングヘアードだけでしたが、スムースの良さを知ったのも、この頃からでした。

今ではこの子を基礎に9代続いており、ラインブリードやインブリード、時にはアウトブリードと組み合わせながら現在に至っています。

そして、ブリーディングの奥の深さに、今もなお泣かされています。

でも、私はこの迷路みたいなのがとても好きです。
いつも答えが見つかりません。

少しでも良い犬が作りたい、それが私の夢です。

道に迷った時は、私はイギリスダックスフンド゙クラブのハンドブックを見ます。
そのハンドブックは、何かを私に語りかけてくれます。
バイブルみたいなものかなぁ・・・

ブリーディングに頭を悩ませることは、これからも続くことでしょう。
長くなりそうだ。
だって、ブリーディングに終わリはないから。
常に上を目指し、又その次にその上を目指し・・・
それが、僕の課題であるから。

いつかは、血統書全部が『REVOLVER』で埋まるように(笑)
マイダックスが作りたいです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。